最新プロおすすめの洗濯機を選ぶポイント

洗濯機を使用する際についていると便利でおすすめの機能と言えば、昔は自動洗浄や乾燥機能にしたが、いまや当たり前の機能となり、近年注目されている機能は洗剤や柔軟剤の自動投入です。この機能は、専用のタンクに液体洗剤や柔軟剤をいれておけば、洗濯ものも量によって自動で洗剤や柔軟剤が洗濯槽に投入されるというものです。洗濯の度に洗剤を入れる手間が省けるのは一度体験すると元に戻れないくらい便利だそうです。また、洗濯ものを投入するだけで、洗い方や時間を自動で判断してくれたり、今やスマートフォンと連携し、洗濯をサポートしてくれたりもします。また、センサーを多く搭載し、省エネ、時短、節水と、かしこく省エネしてくれる機能もあります。乾燥機能も昔と比べ充実しており、衣類の痛みや縮みも少ないです。

新しい洗濯機についているおすすめの機能の紹介です。

まずは洗浄力においては縦型タイプの洗濯機がおすすめです。横型ドラム式より洗浄力が高く、洗濯ものをまとめて洗ったとしてもほとんどの汚れが落ちます。洗濯槽に入る水の量がとても多い構造なので洗剤やカビとり剤が層全体にいきわたりやすく、洗濯機自体が修理などのメンテナンス性に優れています。かた、乾燥機能に優れ節水性も高いのが横型ドラム式洗濯機です。乾燥機能には二つあり、60℃前後で乾かせるヒートポンプ式と、90℃程度まであがるヒーター式があり、ドラム式はヒートポンプ式が搭載されています。生活機能にあった機能を取り入れればもっと洗濯が楽になることでしょう。メーカーごとの洗浄力の特徴や工夫に注目すると、押して叩いて揉めるナイアガラビート洗浄や、一気に汚れを落とすマイクロ洗浄、洗剤の効果をパワーアップさせる温水洗浄などが採用されています。

洗濯機を購入する際の選び方のおすすめポイントです。

第一に、洗濯機の種類を知ることです。洗濯乾燥機なのか、簡易乾燥付洗濯機なのか二層式洗濯機なのかどうかです。次に、縦型か横型なのかですが、縦型のメリットは多くの水をためて洗うのでしっかりと洗えます。ドラム式のメリットは節水性に優れ、効率的に乾燥できます。また設置場所は各家庭により違いはありますが、本体サイズ、寸法の確認はもちろんのこと、洗濯機本体の扉の開き方にも注意が必要です。また洗濯容量に関しては様々ですが、例えとして、4㎏の洗濯を、定格容量5㎏の洗濯機と定格容量8㎏の洗濯でした場合、8㎏の方が電機代や水道代ともにかさみますので必要な容量を見極めて購入することで省エネにもつながります。各メーカーに、洗浄機能や乾燥機能、消費電力や静音性など、特化しているタイプが様々です。各お店のスタッフのおすすめの説明をしっかりと理解頂き、購入して頂けるとより良い生活環境となります。